HOMEブログ店長ブログ >小須戸町屋歩き(完結なるか?)

小須戸町屋歩き(完結なるか?)

2014/10/12

こんばんは 新津ハウスクリーニングの千代です。

文章力がないのでこの度は皆様に町屋の写真を中心に見て頂き是非とも小須戸地区にお越し頂き古さと新しさ融合を体験して頂きたく思います。

町屋の由緒ある小路に蔵です(燃えにくく加工されている蔵の壁:ザラザラしていました)

江戸時代中頃馬が色々な場所で活躍している時、小須戸には馬市が開催られていたそうです。
その頃川の水量が増している所を無理に渡らせようとして溺れてしまった馬を供養する為に建たられた珍しい観音様です(馬頭観音:頭上をご覧下さい馬です)

重要文化財に指定されている茂林寺の参道と案内看板(子育て延命地蔵尊が年に2回御開帳されているそうです)

10月4日には糸車を利用したライトアップとこちらは見ることが出来ませんでしたが学生さんたち手作りの灯篭が町家を照らしました。
ライトアップに使わた灯篭です。
集合場所のギャラリー薩摩屋様と了専寺様

酒屋さん・1軒の町屋・小須戸の町屋風景の灯篭他にもたくさんの灯篭が並んでしました。

夕方から各お店やギャラリーで演奏会が開催されていました。こちらがほんの一部です。
『ア✩カペラ ヴォカリーズ様』アカペラでお馴染みのサザエさんやルパン三世などを聞きました。
難しい曲だと思いますが、『First Love』はうまく表現出来ませんがすごかったです。

何年前かに見た1つ1つ型抜きをした小須戸の銘菓おかめさんを見つけました。
袋には喧嘩灯篭の文字におかめさんの模様、このお菓子をずっと探していました。
やっと見つける事が出来てとても嬉しいです
玄米粉を使ってして食べると香ばしくてどことなく懐かしい味でした
是非お召し上がり下さい。
お隣は季節の果物を使ったケーキなど見ているだけで幸せな気分になります
今回はこの2点を買ってまいりました。
1つ1つの枠がおかめさん・型抜き・店舗です

ケーキのおともに珍しい雪室珈琲を買いました。
こらはアカペラをされていた方々のカフェで見つけました。

地域がら車がないと不便所で、歩いてなかなか廻る事の少なくなり名所旧跡が沢山残る小須戸の町家を訪ねてゆっくり歩くのも悪くはないなと実感しました。
10月19日までこのイベントは開催されていますので、お忙しいと思いますが1度と言わず何度も
尋ねられて色々な発見をしてみて下さい

 

 

 

 

関連のブログを見る